さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

子供の年齢別の虫歯になりやすい場所について

さかなか歯科

皆さん、こんにちは!

歯科衛生士の岡林ですwink

 

 

今日はお子さんの年齢別の虫歯になりやすい所についてお話ししますshine虫歯になりやすい所を知って、そこが虫歯にならないように予防していきましょう!

 

まず、2歳頃までは上の前歯のほっぺた側が虫歯になりやすいです。

甘い飲み物を寝る前に哺乳瓶に入れて飲んでいたり、2歳を過ぎても寝る前に母乳を飲んでいる子に多く見られるそうですcoldsweats01

 

2歳から3歳頃だと、上の前歯の歯と歯の間のところがなりやすくなります。

歯と歯の間に隙間があいているので、隙間に汚れが残りやすいからですcoldsweats02

 

3歳を過ぎると上下の奥歯の噛むところが虫歯になりやすくなります。

噛むところの溝に汚れが溜まりやすいからですweep

 

3歳半からは上下の奥歯の歯と歯の間が虫歯にになりやすくなります。

色々なものを食べるようになり、歯と歯の間にものが詰まりやすくなるからです。

 

年齢別になりやすい場所以外でも、虫歯になることもあるので仕上げ磨きの際に注意して見てあげてくださいねsmile

 

 

さかなか歯科

この記事を書いた人

公式 -Official-

さかなか歯科

前の記事へ
沖縄旅行