さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

初期虫歯に痛みはある?

鈴木 麻衣

こんにちは🎵

堺市北区北花田 医療法人幸優会さかなか歯科 助手の鈴木です。

さて、本日は初期虫歯についてお話します!

初期の虫歯とは、歯に穴が空く前の虫歯です。

痛みなどの自覚症状がほとんどないことが特徴で、歯科検診では「CO~C1」に該当します。

見た目は健康的な歯とあまり違いはありませんが、COの段階では歯の表面が白くくすんでいたり、レントゲン写真で見ると暗く写ったりします。

C1の段階では目視できる程度の小さな穴が空くこともあります。

初期の虫歯は日々のブラッシングをしっかりと行ったり、食生活の見直したりすることで治すことが可能です。

ただし、一度穴が空いてしまうと、ブラッシングなどでは治せません。

虫歯になりかけ?

初期の虫歯かもしれないチェックリスト

以下のチェックに一つでも当てはまる方は虫歯になりかけかもしれません。

・歯の表面が白く濁っている

・歯の表面に黒い点がある

・奥歯の溝に黒い線がある

・歯に小さな穴が空いている

・歯の表面がザラつく

・冷たい物や熱いものがしみることがある

初期段階では虫歯の進行を止め、器具で削ることなく治すことができます。

初期の虫歯かもしれない方は早めに歯科医院を受診しましょう。

また、自身で虫歯の状態を判断するのは困難です。

そのため、歯科医院で検査を受けて初期の虫歯かどうかを判断し、適した処置を行うことが大切です。

痛みが出る前に定期的な検診を受けましょう!

この記事を書いた人

歯科助手 T.C チーフ

鈴木 麻衣 MAI SUZUKI

前の記事へ
永久歯を守る🌟指導のツボ🪥