さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

虫歯から守ってあげたい!6歳臼歯シーラント🦷🌟

吉田 琴奈

みなさんこんにちは☀️

堺市北区北花田 医療法人幸優会さかなか歯科 歯科衛生士の吉田です🌸

今日は虫歯予防のお薬 シーラントについてお話します☺️

6歳臼歯が生えてくる前に気をつけるポイント

6歳臼歯は乳歯が生えそろった後に、1番奥に生えてきます。

同時に、乳歯が生えてきたと勘違いしてしまったり、見えづらい場所にあるので気づかない保護者の方も多いです。

その為、十分なケアができず、虫歯になりやすい生えたての時期に、すぐに虫歯になってひまう場合があるのです。

6歳前後に乳歯の奥歯のさらに奥の歯茎がポッコリ膨らんできたらそろそろ生えてくるサインです。

見落とさないように観察してくださいね。

6歳臼歯が生え始めたら気をつけるポイント

歯は、歯茎を押しのけて下からゆっくりと生えてきます。

生えたての歯はせっかいかぎ未熟で、噛み合わせの面の形が複雑な為、気を付けないと、歯垢をしっかり落とすのが難しいのです。

歯ブラシの当て方を工夫したり、歯ブラシの毛先の形を変えることによって難しい場所にも対応することができます。

保護者の仕上げ磨きの時に、その場所限定で、毛先が細い歯ブラシのさや、ワンタフトブラシの使用を提案します。

この時期、特に保護者による仕上げ磨きが大切になってきますので、少し子供の歯磨きのお手伝いをしてあげて下さいね。

また、歯の溝を埋めて虫歯を予防するシーラント処置を受ける事めオススメします。

シーラント処置については今からさらに詳しく説明します。

シーラント処置

シーラント処置という言葉を、初めて耳にされる方もいらっしゃるかもしれません。

これは、奥歯の噛み合わせの面に溝や歯の側面や裏側を溝をプラスチックで埋めてしまう処置のことで、歯垢が溜まりにくくなる為、虫歯予防の効果があります。

保険適用の処置です。

6歳臼歯だけなく、生えたての永久歯の前歯の裏や、乳歯の奥歯に処置を施すこともできます。

シーラント処置の流れ

➀歯の表面の汚れを取ります。歯ブラシや歯科医院にあるら機械で掃除します。

➁シーラント処置を行う歯に水分が触れないように乾燥します。

➂シーラント処置の前準備の薬を塗り、数秒おいて水を流し、再び乾燥させます。

➃シーラント材を溝に塗ります。

➄光で固めます。

※すでに虫歯になってしまっている歯はシーラント処置の対象外になることがあります

シーラントは取れてしまう事があります。取れてしまったと気づいた場合は再度処置をしてもらって下さい?

シーラントは溝の部分に歯垢が溜まらないようにする処置ですが、普段通りしっかり歯磨きするようにして下さい。

虫歯にならないから安心と、お手入れをサボっていると虫歯になることもあります。

シーラント処置を行っていない場所( 歯の間や側面 )も注意して磨きましょう。

吉田 琴奈

この記事を書いた人

歯科衛生士

吉田 琴奈 Kotona Yoshida

前の記事へ
最新のホワイトニング照射器「ブリリカ ビアンコ」を導入