さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

子供の口臭について

木村梨奈

皆さんこんにちは😊

堺市北花田 さかなか歯科 歯科衛生士の木村です🌱

よくお子様の口臭がするとご相談があるので、今回は”子供の口臭の原因と対策について”お話していきます🦷

口臭の原因には、大きく分けて2種類あります。

1つは、お口の中に原因がある場合。そしてもう一つは、お口以外のところに原因がある場合です。

まず、お口の中に原因がある場合、以下のことが考えられます。

お口の中に原因がある場合

歯磨きができていない

やはりお口の中が不潔であれば、その分口臭は強くなります。

口臭はお口の中の細菌が関係しているからです。

小さいお子さんであっても、歯周病の菌は周りの大人から感染します。

その歯周病菌が食べカスなどを代謝する際に、揮発性硫黄化合物というガスを発生させます。このガスが口臭の原因です。

お口の中が不潔であれば、口臭もきつくなりますし、子供でも歯肉炎になります。

口呼吸をしている

お口の中が乾燥していると口臭は強くなります。

なぜなら唾液の中には抗菌作用がありますが、お口の中が乾燥するとその働きが弱くなるからです。

お口以外に原因がある場合

・鼻や喉に病気がある。

・胃が悪い時。

・食生活

・起床時などの生理的口臭

などが挙げられます。

口臭対策としてできること

丁寧に歯を磨く

お口の健康を守るための基本は歯磨きです。

お子さんが自分で歯を磨くことは大切ですが、できるだけ仕上げ磨きもしてあげましょう。

また、フロスなども使用して、歯と歯の間の汚れを落とすことも習慣にしましょう。

鼻呼吸の練習する

口呼吸は口臭が強くなるだけではなく、免疫力が落ちたりお顔の筋肉の発達にも影響を与えます。

口呼吸が癖になっている場合、できるだけ鼻で呼吸することを意識させてあげましょう。

専門家の治療を受ける

お口以外の病気が原因となっている場合、専門家を受診して適切な治療を受けましょう。

また、歯科医院でもブラッシング指導を受けるなどして、お口の健康を目指しましょう。

木村梨奈

この記事を書いた人

歯科衛生士

木村 梨奈 Rina Kimura

前の記事へ
ホワイトニングの違い