さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

お子さんの歯を健康に育てましょう

さかなか歯科

こんにちは、歯科衛生士の武永ですcherry

 

ここ最近は梅雨の影響で一日の間に急に雨が降ったり晴れたりと、天気が不安定な日ばかりですねbearing

どんよりとした低気圧のおかげで私は頭が痛くなることがよくあるのですが、みなさんは体調など崩されていませんか?rain

 

 

さて、きょうはちいさなお子さん歯の健康や予防についてのお話ですsmile

 

まずは食べ物や間食についてapple

〜歯に良いおやつ・歯に悪いおやつって…?〜

 

普段お子さんに食べさせてあげるおやつの工夫から歯を健康に育てていきませんか?

 

shine歯にいいおやつshine

 ・アイス、ヨーグルト

    口の中をサッと通り、長い間口の中に溜まらないもの

 ・ナッツ、チーズ、季節の野菜

    むし歯菌が酸を作れない食べもの

 ・お茶、水

    むし歯になりにくい、歯にやさしい

 ・にぼし、フレッシュフルーツ

    よく噛んで食べるおやつ

 

bomb歯に悪いおやつbomb

 ・キャラメル、ヌガー

    歯にくっつく、粘着性の強い食べもの

 ・チョコレート、砂糖入りガム

    酸を作りやすい食べもの

 ・ジュース、イオン飲料、乳酸飲料

    むし歯を作りやすくする

    頻繁に飲むことでなりやすい

 ・スナック菓子、棒つきキャンディー

    口の中に溜まりやすい食べものや、長時間味を楽しむ

 

 

 

また、食事をする時などには

 

cloverしっかり、十分によく噛んで食べましょう

  よく噛むことであごが発達し、丈夫な歯が作られます。

  しかしかたいものばかり食べる必要はなく、できるだけ多くの食材をそろえることが大切です。

 

clover足をつけて食べることで、噛む力は約20%アップ

  食事時足がぶらぶらしていると、身体に力が入らず、噛む力も弱くなってしまいます。

  大人用の椅子を使う場合は足がぶらぶらしないように調節しましょう

 

 

 

健康で丈夫な歯を育てるには、まずはお父さんお母さんがお子さんのことをしっかりみてあげるのが大切ですconfident

それでも補いきれない部分は歯医者さんに来て、歯並び、噛み合わせ、むし歯等のチェック、フッ素でのむし歯予防などを行い、お子さんがいつまでも健康な歯で居られるようにしてあげましょうhappy01shine

 

 

 

では最後に今週のおはなですtulip

こちらが受付、

 

IMG_4353.JPG

 

こちらが個室のお花です

 

IMG_4354.JPG

 

赤やオレンジのケイトウが可愛いですねlovely

 

 

さかなか歯科

この記事を書いた人

公式 -Official-

さかなか歯科

前の記事へ
歯ぎしりの怖さ