さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

歯ブラシの選び方

植田 裕美子

みなさんこんにちは✨

歯科助手の植田です。

今日は歯周病ケアのための歯ブラシ

選びについてお話しさせて頂きます☺️

はじめに

歯周病のはじまりは、歯周病菌が歯周ポケット

(歯と歯ぐきの隙間)のなかにたまって、

増えていくことです☹️

歯周病のケアに適した歯ブラシを選ぶことで、

歯周ポケットをキレイに保ちましょう✨

歯周病セルフケアに適した歯ブラシ3つのポイント

1.毛先の細いもの

歯周ポケットを効果的にブラッシングするには、

毛先が超極細になっている歯ブラシが適しています。

毛先が細いことで、歯周ポケットにも

無理なく入り込みます!

2.ヘッドが自分に合ってるこ少し小さめのほうが、お口の中のすみずみまで

ブラッシングしやすく、汚れも落としやすいです。

3.毛のかたさが適度なこと

毛はかたすぎると歯ぐきを傷つけてしまい、

やわらかすぎると汚れを落としきることができません。

自分に合ったものをみつけましょう!

交換の時期

毛先が開くと、汚れの除去効果が約6割に

落ちてしまいます。

歯ブラシを裏側から見て、毛先が横に

はみ出していたら、交換の時期です❗️

 

毎月8日の「歯の日」を

交換の目安にしてみて下さいね😆

最後に

歯周病けあには、歯垢(プラーク)をしっかり

除去することが大切です。

適切な歯ブラシとブラッシングで、確実に汚れを

落とすようにしましょう❗️

当院でも、衛生士がみなさんに合った

歯ブラシを提案したり、ブラッシングの指導を

行っています☺️

ご興味のある方は是非、スタッフまで

お声がけ下さいね✨

植田 裕美子

この記事を書いた人

歯科助手

植田 裕美子 YUMIKO UEDA

前の記事へ
フッ素をした後に30分ご飲食をしてはいけない理由