さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

妊娠時の口腔内

さかなか歯科

こんにちはsun衛生士の永見です 

だんだんと日が長くなってきましたね

春ももうすぐそこですねtulip

 

 

でもまだまだ寒いので気を付けましょう

 

 

今日は妊娠時のお口の中についてのお話です。

妊娠により女性ホルモンが急激に増加することでプレボテラ・インターメディア

という歯周病原性細菌が増殖しやすくなり、歯肉の炎症や出血が

起こりやすくなります。

 

またつわりにより歯みがきが困難になり

虫歯や歯周疾患のリスクは高くなります。

 

 

 

気をつけるポイントは・・・

食事や間食の回数が増すので食後の歯みがきやうがいを

こまめに行うようにしましょう。

つわりの時にはできるだけ気分のよい時に歯磨きを

しましょう。

磨けない時はぶくぶくうがいをしたり、

ヘッドの小さい歯ブラシを使いましょう。

 

また、妊娠時もこまめに歯科医院の受診を

行いましょうshine

 

さかなか歯科

この記事を書いた人

公式 -Official-

さかなか歯科

前の記事へ
知覚過敏(>_<)