さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

恐竜と人間の歯の違いの秘密

さかなか歯科

こんにちは、衛生士の武永ですclover

最近は雪が舞うほど冷え込む日がありますねsnowtyphoon

みなさん防寒対策はできていますか?

 

先日私は、福井県の恐竜博物館に行って参りました。

そこで目に留まったのが、恐竜の歯の生え変わりについてですeye

やはりこのような展示などがあると気になって見てしまいますねcoldsweats01

 

IMG_6400.JPG

 

恐竜の歯は、サメと同じように何度も生え変わってたそうですflair

抜けても生え変わるなんて、うらやましいなと思いますよねshine

 

でも実は、何度も生え変わるという所には弱点があり、別の表現をすると「すぐ抜ける歯」つまり「根の無い歯」が特徴なのです。

恐竜の歯は人間でいうと手の役割を果たしていて、歯で獲物を捕らえ、ほぼ丸呑みしていました。

それで消化不良を起こさないのは、恐竜の胃の中にある「胃石」というもので食べものをこなしてきちんと分解していたからなんですね。

 

人間でいう胃石の代わりになるものは、しっかりものをすりつぶせる奥歯がその役割をしています。

そして人間には「前歯」「犬歯」「臼歯」があり、野菜もお肉も穀物もまんべんなく摂取できますよねhappy01

一本一本の歯に長い根があり、最初からしっかりとした歯を兼ね備えているのは、きちんとなんでも咬めるように、ちいさく分解して胃に送り届けて消化できるようにするためなんですねshine

 

もともと丈夫な歯を持っているのに、むし歯や歯周病などで失うのはもったいないことですよねbearing

広範囲の入れ歯になってしまうと、消化不良も起こしやすくなりますsweat01

 

身体の健康のためにも歯は大切にしていきたいですねconfidentshine

 

 

では最後に今週のお花です。tulip

こちらが受付

IMG_6494.JPG

 

こちらが個室のお花です。

IMG_6493.JPG

 

もう春らしい色が勢揃いしていますねhappy02

 

 

 

さかなか歯科

この記事を書いた人

公式 -Official-

さかなか歯科

前の記事へ
アロマ