さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

院長の部屋

歯を失った後の治療

さかなか歯科

んばんは

堺市北区北花田 院長の坂中です

 

前回は歯を失うとどうなるのか、また人工の歯をいれる必要性について書かせてもらいました。

今回は歯を失った後、どのような方法で歯を補うのかについてです。

 

主に4パターン程あります。

 

ブリッジ

 ・一般的な治療方法です。欠損した歯の両隣の歯を削ってかぶせ物で繋げて補います。

  接着剤で強固に付けるので噛み心地は良好です。ただ健康な歯を削らないといけないという欠点があります。

  また、清掃性が悪く、不潔になりやすいのでしっかりとお手入れする必要があります。

 

入れ歯

 ・残っている数本の歯に金属のバネをかけて補う取り外し式の入れ歯です。

  バネのスペースを確保するためわずかに歯を削りますがブリッジ程たくさん削らなくていいです。

  ただ、ブリッジよりも噛みごたえがなく、また外れやすかったりカタついたりすることがあるので不便です。

  逆にブリッジと違い、外せるので清掃性がすごくいいと思います。

 

インプラント

 ・失った歯の所にだけ人工の歯を補う方法です。

  手術が必要ですので、全身疾患のある方には適用できないかもしれません。また、治療期間が一番長いです(最短で3ヶ月)

  しかし、天然の歯と同じように噛めるだけでなく、両隣の歯を削らなくていいので、健康な歯を守ることが出来ます。

  インプラントは保険が効かない治療法になります。

 

親知らずの移植

 ・親知らずが健康な場合は、移植することができることがあります。

  処置する場所によっては保険が効く治療方法です。

  親知らずの形態や抜いた場所の組織に状態によってはできないこともあります。

 

sub01_1.jpg

sub01_2.jpg

 

歯を補うとしても、それぞれ利点・欠点があります。

患者様の希望される事(例えば治療期間や費用、材質など)によってどれが一番いい治療方法であるかは違ってきますので、当院ではしっかりとカウンセリングをしてから治療しておりますのでご安心下さいませ。

 

—————————————————————–

北花田駅すぐの歯医者は「さかなか歯科

TEL: 072-267-4358

open:10:00 – 13:00

   14:30 – 19:00

close:木・日・祝

—————————————————————–

さかなか歯科

この記事を書いた人

公式 -Official-

さかなか歯科

前の記事へ
歯を抜いたまま放置すると・・・