さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

妊娠中のお口の健康

さかなか歯科

みなさんこんにちは、歯科衛生士の武永ですcherryblossom

 

今回は、妊娠中のお口についてお話ししたいと思います。

まず一番気になるのが、つわりによってハミガキが思うように出来なくなってくることですねbearing

お口の中の清掃がきちんと出来なくなってくると、どんどん細菌が増えてしまい、むし歯や歯肉炎のリスクがぐんとあがってしまいます。

妊娠中期から後期にかけては、赤ちゃんが大きくなり、胃などが圧迫されて一回の食事で食べられる量が減ってしまうために、食事の回数が増えます。それでお口の清掃もマメに行えないでいると、また、お口の中の細菌が増える原因になってしまうのですsweat01

 

 

まず妊娠初期、

つわりの時期にもお口の清掃はできるようにしましょう。

奥歯を磨くのは本当に難しいですが、

flair顔を下向きにして磨く

flairハミガキ剤は香料の少ないものを選ぶ、または使用しない

など、のどの奥に刺激を与えないようにするだけでもだいぶ違いますconfident

 

 

妊娠中期、

この時期になるとだいたいつわりもなくなってきて安定しています。

もしむし歯がある場合はこの時期に治療を済ませておくのが良いですshine

flair歯科治療は安定期の5〜7ヶ月の間に完了するのが望ましい

 

むし歯がない状態でも、妊娠中のお口の中は唾液が少なく、細菌が増え易い状態です。

その時期にむし歯や歯肉炎が進行しないようにするためにも、妊娠中期からは予防メインテナンスを行うようにしましょうhappy01

 

 

 

さて、おかげさまでこの4月で3周年を迎えたさかなか歯科にお祝いのお花が届きました。

とても綺麗で、院内もパッと明るくなりますねshine

ありがとうございますhappy01heart04

 

IMG_8868.JPG

 

 

 

IMG_8869.JPG

 

 

 

 

IMG_8870.JPG

さかなか歯科

この記事を書いた人

公式 -Official-

さかなか歯科

前の記事へ
歯を白く! ホワイトニングのお話