さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

歯周病が及ぼす全身への影響

高尾 麻衣

こんにちは!

助手の高尾です🌟

最近このようなニュースを耳にします。

『歯周病は全身疾患を引き起こす』

歯周病と全身疾患が関係があるということは、以前からはっきりと分かっています。

歯周病菌が毛細血管から血液中に入り込み、血液に乗って全身をまわることによって引き起こされるのです。

歯周病が関わっている病気とは?

糖尿病・認知症・狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・誤嚥性肺炎・動脈硬化・関節リウマチ・腎疾患・メタボリックシンドローム・骨粗鬆症・早産、低体重児出産など

代表的なものだけでもこれだけの病気があります。

なかでも、

糖尿病と歯周病は特に相互関係が深い

と言われています。

歯周病があると糖尿病になりやすいし、糖尿病の人は歯周病になりやすいということです。

互いの病気を悪化させ、放っておけば両方ともどんどん悪くなっていきます。

 

歯周病を治すと健康な身体に近づきます。

成人の約8割は歯周病と言われていますが、これからは歯周病にならないように予防する時代です。

健康に生きるために、まずは自分のお口の中を知り、自分に合った予防方法を見つけましょう!

高尾 麻衣

この記事を書いた人

歯科助手 T.C チーフ

高尾 麻衣 MAI TAKAO

前の記事へ
歯ぎしりしていませんか?