さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

子供のおやつは何がいいの?!

坂中 亜衣

こんにちは!さかなか歯科の歯科衛生士の坂中です😆今回は子供のおやつのとりかたについてお話したいと思います!

子供のおやつは食事の一つ

成長期にある子供なのとって、おやつは第4の食事です。砂糖たっぷりのお菓子などではなく、体に必要な栄養素がしっかりとれるものを選んであげましょう🍽

「おやつ」の語源

1日2食だった江戸時代に「八つ刻に小昼」といって、午後2時~4時ごろ間食をしていたことから、この時間の間食を「おやつ」というようになりました。それがいつしか、しっかり3食とるようになったうえに、「おやつ=お菓子」となり、3時になるとケーキやクッキーなど、甘いものを食べるようになったのです。

ケーキなどは特別な日のおやつに

ケーキやクッキー、チョコレートなどには、砂糖がたっぷり使われています。砂糖を大量に摂取すると、血糖値の乱降下により、イライラしやすい、集中力が低下するといった症状がおこりやすくなります。

さらにこれらのお菓子には、細胞にダメージを与えるトランス脂肪酸も含まれています。トランスとは「異常」を意味し、その名のとおり、とりすぎると、脳機能の低下、免疫力の低下、アレルギー症状などを引き起こすリスクが高まります。ケーキなどは特別な日に食べる程度にしましょう!

おやつは第4の食事

子供の場合、おやつは食事だけでは不足しがちな栄養素を補う第4の食事と考えましょう。

おやつのお勧め!

①食物繊維がたっぷりとれる「干しいも」

②血糖値の上昇が穏やかな「玄米おにぎり」

③良い脂質であるオメガ3が含まれる「ナッツ類」

④ビタミンCや食物繊維が豊富な「果実類」など

夜食にお勧め!

肉類や油が多いものは消化に負担がかかり、集中の妨げにもなります。受験勉強の夜食などには、おにぎりやナッツ類、干しいもがお勧めです!!

ぜひ皆さんもおやつの与え方をもう一度見直してみてください😊☝️

坂中 亜衣

この記事を書いた人

歯科衛生士 主任

坂中 亜衣 AI SAKANAKA

前の記事へ
夏の水分補給!ここに注意!?