さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

顎のストレッチ

岡林 美有

こんにちは、岡林です。

今回は顎関節症状に効果のあるストレッチ運動を紹介します。

全てのストレッチは5秒行い、5秒休むを繰り返し、朝昼晩の1日3回もしくは2回を毎日続けます。

お口を閉じる筋肉のストレッチ運動

お口を半開きの状態で、下の歯の上に人差し指と中指をのせます。

口は閉まる力を加え、指は口を閉じないように下に力を加えたまま5秒間バランスを取ります。

お口を開ける筋肉のストレッチ運動

口は半開きの状態で、顎に下から両手の手のひらを添えます。

口は開く力を加え、手のひらは口が開かないように上に力を加えたまま5秒バランスを取ります。

お口を横に動かす筋肉のストレッチ運動

口を半開きの状態で、下顎の右側に右の手のひらを当てます。

下顎は右方向に水平に力を加え、手のひらは左方向に力を加えたまま5秒バランスをとります。

左側も同じように行います。

岡林 美有

この記事を書いた人

歯科衛生士

岡林 美有 MIYU OKABAYASHI

前の記事へ
定期検診って何をするの?