堺市北区北花田の歯医者は、さかなか歯科/一般歯科・予防歯科・小児歯科•審美歯科・インプラント・口腔外科

一般歯科 より美しく自然な歯で最高の笑顔を

審美歯科って?

自身の口元への不満や悩みから笑顔に自信の持てない方はすくなくないのではないでしょうか。 審美歯科とは、そういった不満や悩みを解消の方にお勧めできる、歯の本来の機能を取り戻すと同時に 「見た目にも美しい口元」にする治療です。口元を気にせず素敵な笑顔で笑えれば。。そんな想いをお持ちの方に是非お勧めいたします。

こんな方におすすめです

•歯の形をキレイにしたい(歯が欠けている/隙間が気になる方)
•歯並びをよくしたい
•歯を白くしたい(歯の着色、歯のかぶせものが気になる方)
•歯茎をキレイにしたい(歯茎の色が黒ずんでいて気になる方)

さかなか歯科の考え方

審美の方法

歯を美しくする方法、素材はさまざまで、患者様のご希望、歯の状態すべてを加味した上で、最適と判断される治療方法をご提案いたします。

ホワイトニング

オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングとは歯医者さんにて行うホワイトニングです。 ホワイトニング効果のある薬剤を塗り、光や熱によって、歯を白くする方法です。永続的な白さではありませんが、治療を受けたその日にすぐに白い歯にすることができるのが利点です。

ホームホワイトニング
自宅でのホワイトニングのことを指し、歯医者さんで歯の型を取り、ホワイトニング用のマウスピースを作り、 その中にホワイトニング剤を入れて白くする方法です。 「忙しくてあまり歯医者さんに行けない」「都合のいい時にやりたい」という方にお勧めです。

詰め物/インレー

虫歯で歯の一部分に穴があいてしまった場合など、歯の形を元通りに修復するために装着する"つめもの"です。 金属で作られたものやレジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があり、保険と保険外で使える材料も異なります。それぞれのメリット、デメリットをしっかりとご説明し、最適なものをご提案致します。

セラミックインレー セラミックインレー

天然歯に近い白さがあり、光の透過性に優れた詰め物です。 セラミックなので熱が伝わりにくく、装着した後にしみる可能性がありません。 色調の再現性も高いのも特徴です。
ハイブリッドインレー ハイブリッドインレー

セラミックとプラスチックの混合でできている詰め物です。天然歯に近い白さがあり、光の透過性に優れています。リーズナブルですが、強度と色調の再現性はセラミックインレーより若干落ちてしまいます。

かぶせ物/クラウン

歯の形の大部分が欠けてしまったりした場合などに、土台となる歯の形を整え新しい歯の形・色を作製し装着する(かぶせる)ものです。処置する歯冠のすべての面を切削し、金属または歯冠色材料で被覆して歯の形態・機能・審美性を修復するものです。

オールセラミッククラウン オールセラミッククラウン

金属を使用しないセラミックの歯です。昨今、問題視されている金属アレルギーの懸念がありません。加えて、一般的なセラミックと違い、光透過性に優れているので、より天然の歯に近い色を再現することが可能になり自然で美しい歯を再現するこができます。
メタルボンド メタルボンド

審美治療に最も多く使われてきたかぶせ物です。金属のフレームの表面にセラミックを焼き付けています。審美性と高い強度がありますが、内部が金属でできているため、光の透過性はありません。
ハイブリッドセラミックス ハイブリッドセラミックス

セラミックとプラスチックを混合したかぶせ物です。オールセラミックジャケット冠よりもやわらかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、色調は多少劣り、経年的に変色します。

ラミネートべニア

歯の表面を薄く削って、その上に薄いセラミックを張りつける方法です。色が変色してしまった方やホワイトニングで歯を白く出来なかった方、 ホワイトニングよりも歯を白くしたい方向けです。 また、前歯の歯と歯の間に隙間が開いている方、歯の先端のかけている方、歯の表面に凹凸のある方は、ラミネートベニアで治療する事が出来ます。

ガムピーリング

タバコのヤニや紫外線などが原因で歯ぐきの変色が気になる方におすすめの治療です。 専用のお薬を使用し歯ぐきの角質除去を行うことにより健康なピンク色の歯ぐきに戻すことができます。

矯正

歯並びや歯のかみ合わせが気になる方にご提案できる治療方法です。 矯正装置を使い、歯に一定の力を持続的にかけることで治療していきます。 歯並びや噛み合わせの悪さは、見た目的な問題もさることながら、放置することで引き起こされる骨格の乱れも大きな問題です。顎関節症や偏頭痛、肩こりといった様々な影響を与える原因となるため、正しい歯並びは「見た目にも、身体的にも健康な状態」を保つための重要なポイントになります。少しでも気になられている方はお気軽にご相談下さい。

これらの項目にあてはまらない場合でも、ご相談いただければ、対応できる治療が多数あります。お気軽にお問い合せ下さい。わたしたち、さかなか歯科は、一人一人異なる患者様の歯の状態やお悩みに合わせて、最適な治療を提供させていただきます。

医療費控除に関して

医療費控除とは、自分自身または家族に医療費を支払った場合、確定申告の際に手続きをすると一定の金額の所得控除を受けることができます。申請には領収書が必要になりますので大切に保管して下さい。

[1] 
歯の治療は、高価な材料を使用することが多く治療代も高額になります。保険診療に限らず自費診療においても医療費控除の対象となる場合があります。一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりませんが、金やポーセレンを使った義歯の挿入などの治療は一般的なものとされ、対象になります。(詳しくはお問い合わせ下さい。)
[2] 
発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などから歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。 しかし同じ歯列矯正でも、審美を目的とした場合の費用は医療費控除対象になりません。
[3] 
治療のための通院費も医療費控除の対象になりますまたお子様の通院に付添いが必要な場合は、付添人の交通費も含まれます。通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額を記録し、タクシーなど領収書がある場合は保管して下さい。ただし、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等は、医療費控除の対象にはなりません。

[1]
治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となります。
[2]
健康保険組合などから補てんされる金額がある場合には、その補てんの対象とされる医療費から差し引く必要があります。