堺市北区北花田の歯医者は、さかなか歯科/一般歯科・予防歯科・小児歯科•審美歯科・インプラント・口腔外科

予防歯科

さかなか歯科では予防歯科に積極的に取り組んでおります。
  • なぜ予防しかが必要なの?
  • さかなか歯科の予防プログラム
そもそも歯が悪くなるのは年齢のせいじゃないんです!
70歳時の歯の残っている数を見てみると、日本はたった8本に対して、スウェーデンでは20本も残っています。同じ先進国なのにどうしてこんなに差があるのでしょうか?その答えは、「虫歯になってから歯医者へ行った」のか「虫歯にならないために歯医者に行った」のかという違いがあったからです。
痛くなれば治療するということは必要ですが、治療では症状の進行を食い止めたり、機能を補ったりすることしかできず、元の健康な歯に戻すことはできません。応急処置として必要な治療を行うことはもちろんですが、健康な歯を保ためには「予防」することがなによりなのです。欧米では治療ではなく、予防のためのメインテナンスに力を入れているので国民の平均的な残存歯数が飛躍的に向上したのです。
先進国70歳の残った歯の本数比較
ご存知でしたか?健康な歯が少なければ少ないほど、
身体全体にかかる医療費がダンゼン高くなってしまうんです!
健康な歯の残り本数によって、身体全体にかかる医療費に大きな違いがでてくるんです。歯が20本以上ある人と4本以下しか残っていない人とでは、1年間の総医療費で115,200円、10年になるとその10倍なので1,152,000円の差があるという統計データも出ています。これは歯がなくなることによって、お口の中だけではなく、様々な全身疾患を引き起こしてしまうためです。 「歯一本くらいなら大丈夫」という考えが、全身への疾患の原因、負担医療費の増につながる恐れが十二分にあることをご理解下さい。 先進国70歳の残った歯の本数比較

ではどうすれば将来、歯をできる限り残せるのでしょうか?
食後にきちんとブラッシングをすることに加え、3~6ヶ月に1回定期的に歯医者さんで予防歯科のためのメインテナンスを受けることです。ホームケアに加え、毎日のブラッシングでは落としきれない汚れをプロのケアで落とし、お口の中を清潔に保つことで虫歯や歯周病を防ぎ、自分の歯を維持できるようになるのです。その為にも、私たちはなぜ虫歯になったのか?二度と虫歯にならない為にどうしたらいいのか?を患者様と共に考え、今後お口の健康を維持していくためにはどのような予防をしていけばよいのかを、しっかりとした説明、アドバイスを行った上で治療、メインテナンスができればと考えています。症状が起こる前にお口の中のことをよく知り、しっかりとメインテナンスすることで、虫歯や歯周病の発症を未然に防ぐことができるんです。だからこそ、「痛くなる前から、悪くなる前から」の予防がとても大切なのです。生涯健康な歯でいるために、わたしたち、さかなか歯科で一緒にお口のことをもっと考えてみませんか?
ご自身では落とせない歯の汚れがあるんです!""

口の中の細菌は、約400種類いるとされており、手入れをしなければ、毎日5倍に増え続けるといわれています。 ご家庭でできる限りのケアを行っても、歯と歯肉の境目や歯と歯の間の細菌を完全に除去するのは難しいのが実情です。そして、固まってしまった細菌は、より強力な毒素を出して炎症を起こします。また、歯質を変性させ歯の内部を崩壊させていきます。そうならないためにも、ご家庭でのケアはもちろん、歯のプロであるわたしたちにこそできるケアがあります。定期的なチェックとクリーニングはわたしたちにお任せ下さい。

虫歯治療 歯周病治療

さかなか歯科の予防プログラム

患者様担当の歯科衛生士がお付きします!

当院は予防専門チェアにて担当衛生士が患者様の価値観や生活背景を考慮したきめ細やかなサポートを致します。患者様のお口のリスクに合わせたオーダーメイドの予防プログラムを作成しております。

ブラッシング指導

虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)をためない、増やさないことが基本です。歯の表面をプラークのない、清潔な状態にしておくためにも、さかなか歯科では一人一人のお口の状態や歯並びに合った正しいブラッシング方法をアドバイスしています。

RMTC

PMTC(プロフェッショナル•メカニカル•トゥース•クリーニング)とは、簡単に言うと自分で行う歯磨きで落ちない歯の汚れを専用機器を用いてきれいにする「プロが行う歯のおそうじ」のことです。毎日の歯磨きだけではどうしても限度があります。そのまま放っておくと、歯石や虫歯や口臭の原因になります。
PMTCは、届きにくい歯と歯の間や、歯と歯ぐきの境目などを中心に歯科衛生士にて専用機器を用い、歯面のプラーク(歯垢)を清掃、研磨除去しますので、あなた本来のツルツルの白い歯が蘇ります。

PMTCで期待できる効果
•虫歯予防 お口の中の細菌を現象させ、プラークの再付着を防ぎます。
•歯周病の改善お口の中の歯周病菌を減少させ歯周炎の症状を軽減します。
•口臭予防お口の中にいる菌の減少により口臭も軽減します。
•審美性の向上着色を除去し、光沢ある歯の表面を回復します。
•歯質の強化フッ素入りの研磨ペーストを用いることで歯の再石灰化を促進し歯質を強化します。
フッ素塗布

フッ素塗布は歯の表面に歯磨き剤よりも高濃度のフッ素を塗ることで、虫歯に対して抵抗力のある歯質をつくります。特に生えたての歯質に塗ることは歯質強化に有効です。十分な効果を得る為に年3~4回フッ素の塗布を行いケアします。

噛みあわせチェック

噛み合わせに以上や不調和があると、噛み合う歯同士を痛めたり、歯を支えている歯そのものがダメージを受けたりして歯の寿命が短くなってしまうことがあります。このようなことを防ぐために定期的にチェックし、必要があれば噛み合わせの調整を行います。また、それだけではなく、必要な場合はマウスピースの作成をおすすめしています。

生活習慣指導

虫歯や歯周病は実は普段の生活習慣と密接な関係があります。健康な口腔内環境を維持するためには、患者様自身の生活習慣から見直し、改善していく必要があります。当院では生活習慣や食生活についてヒアリングし、規則正しい生活への改善を促しています。

歯のメインテナンスのすすめ

痛くなる前の通院が将来健康な歯でいるための近道なんです

虫歯や歯周病は治療が終わってからが大切です。治ったからといって安心してしまうとあっという間に再発、、、ということも少なくありません。生涯健康な口腔を維持するためには、定期的に検診し、問題がないかをチェックする必要があります。定期的に検診するからこそ、万が一虫歯や歯周病が発症しても早期に発見、治療が可能になるのです。さかなか歯科では2~6ヶ月に1度の定期検診をお勧めしております。患者様の症状に合わせて検診前に定期検診のご案内としてはがきをお送りします。

定期検診を受けることでできること
虫歯の予防 歯ぐきの病気の予防 かみ合わせや機能のチェック セルフケアができるためのサポート