さかなか歯科|堺市北区北花田の親子で通える歯医者さん(小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント)

スタッフブログ

歯のマメ知識

永久歯を守る🌟指導のツボ🪥

吉田 琴奈

こんにちは🍁

堺市北区北花田 医療法人幸優会さかなか歯科 衛生士の吉田です🍇

朝晩はだいぶ涼しく感じられるようになりました🍃

みなさまいかがお過ごしでしょうか?🍄

今日は永久歯を守る指導のツボ( 低学年編 )について詳しくお話ししていこうと思います!

小学校入学から卒業までの6年間は、乳歯から永久歯へと変わり、口腔内環境がダイナミックに変化する期間です。

また、子供たちも学校生活および社会とのかかわりが増え、理解力や行動力も変化していきます。

したがって口腔内の環境変化、子供の成長、発達にあわせた歯科保健指導を行っていく必要があります🍀

➀永久歯を認識させる

鏡を持たせて口腔内を見せたり、模型上で示します。

また、子供自身に歯を触らせて、6歳臼歯なら「口の奥の方」とわかってもらうのもいいでしょう。

前歯の場合は見やすいので、子供も親御さんも乳歯が抜け永久歯が萌出してきたことに気づきますが、6歳臼歯は隣接する第二乳臼歯と形が似ているため、萌出に気づかないまま歯磨きをしている子供や親御さんがいます。

6歳臼歯の存在を認識させるため、大二乳臼歯の奥に新しい別の永久歯が萌出してくることなどを説明します。

➁永久歯の大切さを伝える

( 例 ) おいしくご飯を食べるためにも、おしゃべりするためにも大切な歯。

おじいちゃんおばあちゃんになってもがんばって使う歯。

歯が健康であれば、ご飯もしっかり食べられるからいつまでも元気でいられるよ。等

➂磨き方を教える

まずは、どう磨くと良いのか、子供に考えてもらいます。

そしてプラーク染色剤による染め出しを行って、プラークを認識してもらい、具体的な方法を教えますり

わかりやすくするために、6歳臼歯のみ染め出してみるのも良いでしょう。

萌出途上の6歳臼歯は、咬合面に毛先が当たるよう、歯ブラシを横から挿入して磨くことを指導します。

下顎中切歯はわりと磨きやすいのですが、上顎中切歯は萌出完了までに時間がかかり、さらに口蓋側は歯ブラシの当て方の方向や角度を理解してもらうのが困難です。

そのため、親御さんの仕上げ磨きでフォローすることが必須になります。

多くの親御さんは「もう小学生だから」と仕上げ磨きを止めてしまいがちですが、子供自身だけで適切な歯磨きを行うにはまだ難しい時期です。

生活習慣として朝や給食ごとの歯磨きは子供自身が行うとしても、就寝前は親御さんによる仕上げ磨きが必要です。

萌出したての永久歯は歯質は弱く、萌出開始から高径が咬合位に達するには時間がかかるため、虫歯になりやすい状態です。

なので、フッ化物歯磨剤や洗口剤の活用もおすすめです。

フロス( 糸ようじタイプ )の使い方も、できる部位に関しては具体的に教えますが、なかなか難しいので、親御さんの仕上げ磨きのときにしてあげてください。

食事指導&生活習慣指導の重要事項

➀ 食べ物を適切な一口量に加減することを伝える

乳前歯が動揺の後、脱落して、中切歯の萌出が開始するまでの一時期は、食べ物をしっかりかじりとることがら難しいためです。

➁舌を前方へ押し出さないことを意識するように伝える

上下顎の中切歯が萌出完了するまでは、意識してもらいます。

➂嚥下時の口唇の閉鎖を確認する

鼻疾患のために口呼吸する子供は、口唇を閉じずに嚥下することがあるのでより注意です。

食事の時に子供の口元をチェックしてあげてください。

➃おやつの摂り方を指導する

親御さんの管理が行き届く幼児期と違い、友達との付き合いなどからおやつの内容や摂取のしかたが変わってるくる場合もあります。

萌出して間もない永久歯は虫歯になりやすいので、より注意が必要です。

まとめ

「プラークゼロ」「虫歯ゼロ」が決して最終目標ではありません。

この時期だからこそ、「生活習慣として、口腔の健康を目的として、エチケットときての歯磨き」を身につけて欲しいと思います。

それが思春期以降の口腔の健康に関する意識へと繋がっていくからです🌟

また間食や飲料も、内容だけでなく摂り方などで自身の健康に影響してくるということを、子供の成長に即して指導することが必要だと思います🌼

子供が幼い頃から、歯科衛生士が成長・発達に合わせた関わりをするのとで、アドバイスを聞き、受け入れてくれる状態が続き、生涯にわたって健全な口腔で生活を送ることができればと願います🎌

この記事を書いた人

歯科衛生士

吉田 琴奈 Kotona Yoshida

前の記事へ
唾液の働きについて