堺市北区北花田の歯医者は、さかなか歯科/一般歯科・予防歯科・小児歯科•審美歯科・インプラント・口腔外科

一般歯科

虫歯・歯周病治療、メンテナンスといった治療になります。 虫歯や歯周病で損ってしまった歯は、もとの健康な歯にもどすことができません。早期発見、早期治療することで、症状がでてから来院されるよりも、期間も短く、費用も抑えて治療することができます。

虫歯治療について

虫歯は初期段階なら簡単な治療で治りが早く、費用も安く抑えられます。逆に進んでしまった状態だと治療期間が長引き、痛みもあり、費用も高くなってしまうため、「早期発見・早期治療」が重要です。

虫歯の進行

虫歯の進行状態は学校や歯医者さんで聞いたことがあると思いますが、C1~C4の4段階に分類されています。これは、虫歯の進行を表す記号で段階によって治療費も治療期間が異なります。

C0   C1   C2   C3   C4
表面が浅く溶けた、ごく初期の状態。表面が白く濁ったり、溝が茶色になったりしますが、見た目はほとんどわかりません。削らずに再石灰化を促して、観察をします。   エナメル質がおかされ、小さな黒ずんだ孔があきます。自覚症状はありませんがこの段階で治療を受けるのが一番良い状態です。   象牙質まで虫歯は進行。歯髄に近づくにつれて冷たい物がしみ、痛みの自覚症状が出てきます。さらに進むと熱いものがしみるようになります。   歯髄(神経)まで進行。炎症(歯髄炎)がおき、激しい痛みにおそわれます。炎症が進行すると、歯髄は死んでしまいます。   歯は歯根だけになってしまいます。歯髄は死んでしまったので痛みは感じなくなり、歯根の先に膿がたまります。こうなると治療は難しくなります。

虫歯の治し方

虫歯治療には大きく分けて3つの方法があります。それは「つめる」「被せる」の2つです。

つめる 初~中程度の虫歯に限ります。ほとんどの場合、処置は1~2回で終了します。直接プラスチックをつめたり、型取りしてつめたりします。
 
かぶせる 中程度〜重度の大きな虫歯治療に適応されます。虫歯自体が浅くても、それが1本の歯に対して広範囲に及んでいたり数ヶ所にわたって発生している場合はこの手法を選択します。状態によっては神経の処置をすることもあります。

虫歯かな?と思われたときは、後回しにせずすぐに治療にお越し下さい。痛みがないから、と放っておくと状態が悪化し、最悪大切な神経をとってしまうことになりかねません。一度とってしまった神経は二度と戻らない上、今後生涯治療なしでというわけにはいかなくなってしまいます。
虫歯を感じたら早期発見、早期治療で健康的な歯を保ちましょう。

歯周病治療について

歯周病は歯の表面につくプラーク(食べかすや細菌)によっておこり、歯ぐきと歯を支える骨が溶け、歯を失ってしまう病気です。統計によると、歯肉炎は10~20代前半ですでに60%、35歳で80%以上の人が歯周病になっていると言われていますが、自覚症状があまりないため症状が悪化して歯医者に行った時にはすでに遅く『歯を失ってしまう』方がかなりいるような大変こわい病気です。歯周病により口の中だけでなく、身体の各部にまで、病気を発症させる原因となるため、早期からの治療、予防が非常に重要になります。

歯周病の特徴

1.痛みがない
2.複数の歯で同時に進行
3.進行がゆっくり
4.見た目だけでは判断できない
5.いやな口臭がする

歯周病の進行状態

  歯肉炎
歯と歯ぐきの境目にプラーク(歯垢)がたまり、歯ぐきに炎症が起こります。ブラッシングした時や固いものを食べた時に出血することがあります。まだ痛みはありません。
  軽度歯周病
歯ぐきの炎症だけではなく、歯を支えている骨にまで炎症がある状態です。歯と歯ぐきの隙間にプラーク(歯垢)が入っていき、歯の根っこに歯石がつき、骨が溶け始めます。
  中度歯周病
軽度の症状に加えてさらに歯を支えている骨が半分ぐらい溶けた状態です。少し歯がぐらぐらするようになり、だんだんと固いものが噛みにくくなってきます。
  重度歯周病
重度になるとさらに状況は悪くなります。歯を支えている骨はほとんど溶けてしまい、歯ぐきからウミが出てきて口臭も強くなります。最終的には歯が抜けてしまうことになります。

歯周病の治し方

診査・診断・状況のご説明

お口の中を詳しく検査し、患者様の口腔内の状態、歯周病の進行具合をお調べいたします。 歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)の深さや、歯を支える骨の状態、お口の中の清掃状態、かみ合わせ、歯ぎしりの有無、全身疾患などをお調べします。
歯ブラシのご指導(プラークコントロール)

まずは、基本的な歯ブラシの使い方を指導させていただきます。歯周病の原因となる細菌が増える一番の原因は歯垢(プラーク)です。これを丁寧に取り除いていくことが、まず重要な治し方の一つとなります。 お口の中は患者様一人ひとり異なりますので、しっかりとしたご説明のもと、患者様にあった磨き方、道具で指導させていただきます。
歯石の除去

経度の場合は、超音波の振動を利用した器具を使い除去することが可能です。中度から重度の場合は、歯ぐきの深くにまで歯石がついているため、除去する際に痛みを伴う場合があるため、麻酔をした上で治療します。このとき歯の根の面にも細菌の毒素が付着している場合がありますので、根の面を一層研磨していきます。
再評価・外科的処置

歯石の除去後、治り具合を見るためにもう一度、お口の中を検査します。まだ歯周ポケットが深い場合は、患者様とご相談の上、外科的な歯周病の処置を行います。
定期健診(メンテナンス)

歯周病が進行しないことを確認したら、その後は再発を防ぐためのメンテナンスに入ります。定期的にお口の中全体と歯磨きのチェック、歯石の除去、かみ合わせの調整などを行っていきます。各患者様の状態にもよりますが、2ヶ月から6ヶ月ごとに行います。もちろん、患者様自身の毎日の歯磨きも欠かせません。